ブラウザ検出スクリプトは、Internet Explorer 5.5が使用されているかどうかを確認し、使用されている場合は、フォント・サイズを調整します。
Oracle Help for the Web?????????????


デフォルトの編集: カスタム検索 - 結果の表示

Skip Navigation Links| フィールドの説明 | 関連するヘルプ・トピック | 追加情報 | このページの場所 |

このページを使用して、カスタム検索ポートレット内に表示される検索結果の表示オプションを設定します。

注意: 検索結果のスタイルとレイアウトは、検索フォームのポートレット内で設定するのではなく、表示用ポートレットの設定値によって制御されます。 検索結果を検索フォームとは別のページに表示し、結果の表示方法をカスタマイズする場合は、検索フォームのポートレットではなく、結果ポートレットの「結果の表示」プロパティを変更する必要があります。

Warning symbolカスタム検索ポートレットのデフォルト設定を編集できるのは、管理者やページ作成者または適切な権限を保持するユーザーのみです。

Go to topフィールドの説明

検索結果を表示する場所を指定してください。

フィールド 説明
デフォルト検索結果ページ

このオプションを選択すると、検索結果はデフォルトの検索結果のページに表示されます。デフォルトの検索結果のページは、「Admin」タブの「検索設定」ページで指定します。

注意: ポートレットに検索フォームが表示されている場合は、このフォームがデフォルトです。

カスタム検索結果ページ

このオプションを選択すると、指定したページに検索結果が表示されます。ページを選択するには、Image of dropdown listをクリックします。

指定するページには、検索結果を表示するために検索ポートレットが含まれている必要があります。

このポートレット

このオプションを選択すると、検索結果はこのカスタム検索ポートレット内に、つまり同じページに表示されます。

注意: このポートレットが自動問合せの結果を表示することになっている場合は、これが唯一利用可能なオプションです。

検索結果に表示するオプションを指定してください。

次の設定は、「このポートレット」に表示される検索結果にのみ適用されます。

フィールド 説明
一括操作リンク

検索結果とともに一括操作へのリンクが表示されます。このオプションによって、検索から返された複数のオブジェクトに操作を実行できるようになります。

注意: 1つのページ・グループ内で検索が行われた場合にのみ、一括操作へのリンクが表示されます。「共有オブジェクト」ページ・グループを検索した場合は、リンクは表示されません。

結果のページ

このオプションを選択すると「前へ」アイコンと「次へ」アイコンが表示されるため、検索結果をページ単位で表示できます。

Image of search results indicator

Image of search results indicator

このオプションを選択しないと、次に説明するように、返される結果の数がページごとの最大結果数の値に制限されます。

ページごとに最大n件の結果を表示

このオプションを選択して、1ページに表示される検索結果の最大数を指定します。

注意: ユーザーが「検索フォーム」タブで「結果の最大数を設定」を指定できるようにすると、ここで指定した値が検索フォームに表示されるデフォルト値になります。

「検索を保存」リンクとリンク・テキスト

このオプションを選択すると、検索結果とともに検索を保存するリンクが表示されます。次に、このリンクのために表示されるテキストを入力します。デフォルトは「検索を保存」です。

注意: このオプションによって、ポートレットのユーザーが検索結果を保存し、後にその結果を再使用できるようになります。

送信基準付き検索フォーム

このオプションを選択すると、検索フォームが表示され、検索結果の下に直前の検索基準が表示されます。ユーザーが検索基準を変更して再実行できるように、検索結果に検索フォームが付加されます。

検索結果が検索フォームとは別のポートレットに表示されるようになっている場合は、両方をカスタマイズして同じ属性を表示します。これを行わないと、検索フォームのポートレットに表示された属性のすべてが結果の下に表示されないことがあります。

注意: このポートレットが自動問合せの結果を表示することになっている場合は、これが利用できない唯一のオプションです。

検索結果のレンダリングに使用するスタイルおよび属性を指定してください。

次の設定は、「このポートレット」に表示される検索結果にのみ適用されます。

フィールド 説明
スタイル

検索結果として返されたアイテムのためのスタイルを選択します。デフォルトは「main style」です。

このスタイルがポートレット自体またはポートレットがあるページの外観に影響を与えることはありません。このスタイルは、結果のアイテムを表示するテキスト、つまり、フォント・スタイル、サイズ、色などにのみ影響します。

属性の選択

アイテムの検索結果に含める属性を選択し、それを「表示する属性」リストへ移動します。

注意: 「表示する属性」リスト内での各属性の順序には、検索結果のページに表示される属性の順序が反映されます。

結果の順序を指定してください。

次の設定は、「このポートレット」に表示される検索結果にのみ適用されます。

フィールド 説明
検索結果の順序

「作成者」、「作成日」、「表示名」など、検索結果が表示される順序の基準を選択します。

ユーザーが「検索フォーム」タブで「検索結果の並べ替え」順序を指定できるようにすると、ここで指定された値は無視されます。

検索後にページに戻り、「順序基準」が「作成者」に設定されている場合、順序のデフォルトは自動的にタイトル順になります。これは、ページには「作成者」属性がないためです。

注意: ユーザーが順序基準に日付を選択しないかぎり、検索結果は日付の昇順になります。

「Oracle Text」が有効にされている場合、「順序基準」オプションは表示されません。

Go to top関連するヘルプ・トピック

概念:

次のステップ:

Go to top追加情報

OracleAS Portal Center:

詳細な情報はOracle Technology Network JapanのOracleAS Portal Centerを参照してください。

Go to topこのページの場所

  1. 「カスタム検索」ポートレットが含まれているページを開きます。
  2. ポートレットの横にあるActions icon(デフォルトの編集)をクリックします。
  3. 「デフォルトの編集」をクリックします。
  4. 「結果の表示」タブを選択します。

ヒント: 「編集」モードでページを表示します。

Copyright © 2004, Oracle. All rights reserved.